スマイルリハビリセンター/スマイルコンディショニングオフィス
  • ごあいさつ
  • 施設について
  • ご利用案内
  • スタッフ紹介
  • 採用情報
  • 研究日誌BLOG

研究日誌BLOG

2017.02.08

居宅訪問活動について

2015年より開始された通所介護施設での居宅訪問は、個別機能訓練の計画書を作成する上で必要なため、国によって義務付けられました。リハビリの目標はADL向上に結び付けるためには、家族と会い、直接生活へアプローチすることを重視してのことだと思います。

 

リハビリテーションという言葉を用いる中で、「その人らしい生活とは」という視点をもつことは欠かせません。

その人個人の身体機能状態を把握するだけではリハビリの目標を捉える事が難しく、その人々の重ねてきた価値観や生活文化は様々であり、そこから私たちが専門職としてどう関わっていけるかを考えていかないとなりません。

ですから、その人が生活する場、その人の生活を支えているご家族と会い、その人の周辺を知ることはリハビリをすすめる上でも大切なことだと感じています。

 

今回は、私自身の「居宅訪問」での活動様子をまとめてみました。

まず、私自身が限られた時間でなるべく確認させていただいている点を書き出してみます。

 

○自宅の周辺環境(最寄りのバス停や駅までの道のり、散歩のしやすい歩道か、買い物するとしたらどの辺りかなど)

○居宅内環境  (動線、物の配置、手すり、段差、寝具などの生活様式)

○家族と本人からの生活状況変化の聴取

 

 

リハビリを進める上で、

「歩けるように」としても具体的に何処まで歩ける能力が

 必要なのか、ベッドからトイレ位か、家の外の新聞受けまでなのか。

 歩くことはいいと分かっていても安全に散歩ができる環境か、

 家では椅子の生活なのか、

 寝具はベッドでも柵がないと起き上がる方法がかわるか、

 布団なら床から立つ能力を安全に遂行できているか、

 補助具の必要性はあるかつけると阻害因子になるか、

 趣味や興味を知ることで提供できることの幅が広げられないか、

 意欲を高めることにつなげられないか、

 ご家族に協力はえられそうかなどといったことをみてとることが

 できます。

 

またご家族への助言、ご本人への具体的なADL指導がその人の生活する空間で直接できることはとても意義があります。

 

 実際のケースをいくつかあげると

   日頃の訓練では自宅のベッドを想定して起き上がり動作などをおこなっているAさんが自宅ではできないのは何故か、自宅をみるとベッドの上には必要な道具がおかれていて邪魔となっていた。

   自宅で転倒が続いたBさんの転倒場所を確認し、緑内障と白内障があり、疾患の進行により身体機能が変化していることが加わり、今までの経験で手を伸ばすと手すりへのリーチが足りていなかったり、今までより手すりを頼りにしていることでそこに体重がのっかってしまったなど環境があわなくなっていることがわかり、CMと連絡をとり調整した。

   肩が痛いというCさんは、自宅でよくよく奥様から話をうかがうとほぼソファで寝ており、寝ている姿勢が頸から肩に特に負担がかかっていた。

   家で立ちあがれないと話すDさんは、椅子が平均の40センチより低い35センチのものを使用しており、ベッドの高さも調整できることを知らず使用していたため、立ち上がりに高い能力を求められていた。

   リハビリの目標にむけて自立を促し関わっていたが、それがご本人の負担となり、毎回休みたいと言われご家族が心配していた。

 

想定していることと別の要因が隠されており、それを実際見聞きして取り除くことで意外と簡単に問題が解決できる事案も多いのです。

 

居宅訪問がはじまり、業務が増えたことは正直開始当初の施設側の悩みではありました。利用者さんの中にも自宅へ人が来ることへの煩わしさから拒否される方もおりました。

でも、関わりをつづけてきて、施設内の運動で終わることなく、直接顔を合わせ声を伺い、皆さんの生活をフォローできてきているという確信はあります。

その人らしい生活・人生を視点におき、これからも皆さんの生活を

支えるお手伝いができればと思います。 

 

 

投稿者( )| この記事のカテゴリ( リハビリ )| コメント( 0

2014.08.08

OT日高奮闘記~片手で爪を切る!~

お久しぶりです!OT日高です(^O^)

すっかり夏本番になり、暑い日が続いています。皆様、今年も脱水と熱中症には十分に気を付けていきましょう!!

 

さて、今回は作業療法士らしく()「自助具」についてお話したいと思います。

自助具??(?_?)

なんて思われる方もいらっしゃるかと思いますが、作業療法(OTの中では"自助具の作成"なんて仕事もあるのです。

簡単に言うと、"障害や老いにより機能が落ちてしまった体でも、自分で行為を行えるよう工夫された道具"です。

・・・う~ん・・・イメージわかないですかね・・・


百聞は一見にしかず!!


ということで今回は私が作った(?)爪切りの自助具をご紹介したいと思います!!

 

【片手用爪切り】

 

ネジして取付.jpg


片手での生活をされている方が、どうしても自分で切ることのできない健康な方の手の爪。家族などに切ってもらっている方もいらっしゃいますが、やはり「自分のことは自分でやりたい!」という人や、意外によく聞くのが「人の爪を切るのが怖い」と言われなかなか切ってもらえていない方などがいます。

さあそんなときはOT日高の参上です!!

―今回の作成手順―

 

土台.jpg

最近ではホームセンターで木材を切ってもらえるサービスがあります。今回私は、この土台を作るためにホームセンターに相談に行ったところ・・・

そこの職人さんとの相談に行き着き、結果作っていただいてしまいました(^_^;)簡単にはいかず、数日に渡り思考錯誤していただきました。職人魂です!!

本当にありがとうございます、職人さん(:_;)

 

さてここからが私の出番です!!

ネジして取付.jpg

良い位置を確認したのち、爪切りをネジと瞬間接着剤でしっかり固定します。

そして回転の動きが悪いときは、KURE-56で!!

完成!!

 

―使い方―

1. 爪切りの準備

爪切り準備OK.jpg

 

2. 土台を回転させる

回転中.jpg

回転方向が重要!!

IMG_0621.jpg

 

3. 指をセッティングし、下に押す!!

切る写真.jpg

 

 

このように、"片手"でも、"うまくいかない体"でも、道具を少し工夫することで日常生活の動作が行えるように支援していくのも私たちのお仕事です。そしてこういうものを「自助具」自分を助ける道具というのです。

もうすでに市販されている自助具もありますし、なければ一緒に考え、時間をかけて()作成致します!!

皆様のやりたいことや困っていることに対し少しでも力添えしていければと思いますので、いつでもお声かけくださいませ!!

投稿者( )| この記事のカテゴリ( リハビリ )| コメント( 0

2013.10.15

作業活動

  さて、スマイルを利用されている方の中で、作業療法士(OT)をご存知の方はどのくらいいらっしゃるのでしょうか。病院のリハビリで関わった方以外はなかなかご存じないのではないでしょうか。

日本では昭和40年に「理学療法士及び作業療法士法」が制定されています。

作業療法士、そのものを知っていただく前に、

まず作業活動とは?

それがなぜリハビリに関係するのでしょう。

 

 

    作業:ある目的を持って、意識的に対象に働きかける行為の形態

活動:対象に対して働きかける行為、行動

    作業活動:作業と活動を含む意味

 

 ひとは具体的な行為や体験を通して、遊び・育ち・試み・学び・生きるすべを身につけ、自分の気持ちを表現し、外部世界を自発的に変え有能感と欲求を満たしながら、自らの人生という航海を続ける。人の日々の生活、そしてその連続である人生は、作業活動によって成り立っている。

 作業療法では生活に障害をきたしている人に対し、この日々の生活や人生における人と作業活動の関係に基づいて、ある時は成長を促す刺激として、あるときは失われた機能を取り戻す手だてとして、また新たな生活への適応に向けた挑戦への足がかりとして、作業活動をもち援助する。

 生活上の障害に対するリハビリの実践として作業療法は、対象者が生活している文化と作業活動の関係を背景に行われる。生活の障害は「働き、遊び、休む」ことに現れる障害であり、障害の軽減は「働き、遊び、休む」事の回復によってなされる。          (山根寛「精神障害と作業療法」より抜粋)

   

  人は生まれながらにして作業活動に従事し、それは働くことでも遊んで楽しむことでも、またそれらをうまく連動させるために必要な休息もひとつの要素なのです。

 作業療法士は道具や活動の用い方、もしくは人そのものや環境が治療手段となります。

なんでもあり?!だけどそれを「ただただやってるだけ」とするのか、「単なる遊び」として提供するのか、もしくは『作業療法』としておこなっているのかはそれらの使い方によります。一見あそびにみえることでもちゃんと目的があるのです。

 

 さて、時間となりましたので、今回はここまでとさせていただきますね。

 

 すこ~しでも作業療法、作業療法士を知っていただけましたか?

 では次の機会にまた。

投稿者( )| この記事のカテゴリ( リハビリ )| コメント( 0

2013.08.02

リハビリテーション

「 暑中お見舞い申し上げます。」

 

そんな一文がぴったりとくる季節ですね。

スマイルを利用される方の中にも、体調を崩される方がいらっしゃいます。

食事と睡眠と休息、そして運動をスマイルで行い、体力をつけていきましょう。

 

さて、普段スマイルに来る方はリハビリをしにいらしていますが、改めて「リハビリ」というと何だろうと思いませんか?

  

リハビリテーションとは、

語源はラテン語で、re(再び)+ habilis(適した)

「再び適した状態になること」「本来あるべき状態への回復」

また、猿人原人の中間に意味するホモ・ハビリスhomo habilis、「器用なヒト」)が、道具を使い人間にふさわしいという意味でも用いられ、適応、有能、役立つ、生きるなどの意味も含有し、リハビリテーションの語源ともいわれ、単に手足の機能回復などの部分的意味にとどまるものではなく、人間全体としての「人間らしく生きる権利の回復」「全人間的復権」を意味しています。

 

リハビリテーションは壮大だと思いませんか?

 

私自身はリハビリとは「その人らしさを取り戻す」と捉えています。

普段お話しする中で、ひとりひとりの人生があり、同じ病気でも症状は異なる。見える障害だけではなく、見えないことで難しいこともあります。

でも、みなさんひとりひとりが、今より可能性を広げていけると思います。

そのためにリハビリを提供できたらと考えています。

 

では皆さんにひとつ。

あなた自身はなんのためにリハビリをしていますか?

目標はありますよね。自分らしくあるための希望があると思います。


 スナイダーというアメリカの心理学者は、「意志の力」、「目標に到達する為の効果的な道筋、プランを考え出す力」の私達はこの2つを合わせもつことによって目標に立ち向かい、夢の実現に近づくことができると述べています。
 そしてスナイダーの研究グループは、一連の研究で、希望を強くもっている人がどのような特徴をもっているか明らかにしています。

       

希望を抱き続けられる人の特徴は?

①物事を否定的に捉えない 

②自分のことをあれこれ考えずに課題に集中する 

③友人のネットワークを利用する 
         
④ユーモアがある 

⑤適度な運動をする 身体の働きと心の働きは密接に結びついています。

⑥健康に気をつける 希望をもつ人は「健康であること」を当たり前と考えません。健康に意識が高く、健康維持の為に必要なことを自分で行い、必要な時には専門家に相談します。そもそも健康でなければ自分の目標を達成することは困難になるはずですから、健康であることは何よりも優先されるべき目標なのです。

⑦上手に年をとる アイデンテイティの研究で有名な心理学者エリクソンは、中年期は「世代継承性」と「停滞」の間の危機に取り組まなければならない段階であると考えました。スナイダーによると、希望を高くもつ人は、世代継承性と統合性の特徴を合わせもっているようです

これらの特徴、何か気付きましたか?

スマイルリハビリテーションでは上に挙げたことが、数多く合致しているように思います。楽しく続けていきたいですね。

 

 

夏の暑さはまだまだこれからのようです。

 

体調を整えて励んでいきましょう!

 

投稿者( )| この記事のカテゴリ( リハビリ )| コメント( 0

2012.06.16

はじめまして

はじめまして、新入社員の益子です。

スマイルに入社してから2ヶ月が過ぎました。毎日が充実していて、あっという間に過ぎてしまったように感じます。

 

私は体操を主に担当させていただいております。

体操ルームにはスリングがあり、利用者様は主にこのスリングを使ったトレーニングをしていますが、最近は棒やリングを使った体操も行なっています。今回はその体操のいくつかをブログでご紹介します!

 

まず一つ目は棒を使用したトレーニングです。棒を肩幅ぐらいの間隔で横に持ち、胸の高さで肘の曲げ伸ばしをしたり、肘を伸ばしたまま頭の上まで上げたりすることで、腕や方周りの筋肉を鍛えることができます。

また、棒を縦または横に持ち、両手や片手で投げることによって目と手の協応動作(反射神経)を鍛えることもできます。

リングを使ったトレーニングでも棒体操と同様に、肩周りの筋肉や反射神経の維持・改善を目指します。


 

その他には向かい合って2人ペアで棒を持って運動したり、輪になってグループ(ゲーム形式)で運動したりと、皆で楽しみながら体を動かしています。最近はリングホッケーなんかも取り入れています(^o^)/


 益子ブログ.JPG益子ブログ2.JPG

まだまだ頼りない新人ではありますが、これからも利用者様がより健康に、笑顔になっていただけるよう、そしてスマイルで有意義な時間を過ごしていただけるように努めていきたいと思います!

投稿者( )| この記事のカテゴリ( リハビリ )| コメント( 0

2011.10.28

骨粗鬆症について

先日利用者様より「骨粗鬆症」とは?と尋ねられ、

再度勉強をしたところ様々な気付きがありました。 

その中の1部を紹介します。

 

概念

 

骨粗鬆症は「骨量が減少し、骨の微細構造が劣化したために、骨が脆くなり骨折しやすくなった病態」と定義されている。

 

 

分類

 

・閉経後骨粗鬆症

 

骨強度低下の最大の原因は閉経に伴う、エストロゲンの急激な減少であり、骨量を急激に減少させていると共に骨微細胞構造も劣化させ、骨強度を低下させる。

 

・男性骨粗鬆症

 

男性の場合でも、加齢に伴う骨形成能の低下などにより骨脆弱性が高まる。

 

・続発性骨粗鬆症

 

特定の疾患・病態や薬物が原因で骨強度の低下をきたすことも多く見られる。

 

骨粗鬆症から起こる最大の問題

 

骨折は、椎骨・大腿骨頚部・上腕骨近位部・肋骨などで生じやすい。

頻度の高い骨折は「椎体骨折」であり、

我が国では70歳前半の25%、そして80歳以上の43%が椎体骨折を有している

 

椎骨骨折の特徴は2/3以上が無症状であること、そして次々と周辺椎体の骨折連鎖を引き起こすことである。

疼痛や脊柱の変形・姿勢異常、さらにはこれに伴う消化器系や呼吸器系の機能障害により、QOLの大幅な低下を起こす可能性がある。

 

好発部位はTh12 L1を中心とした胸腰椎移行部が最も多く 

Th7を中心とした中位胸椎がそれに続く。

骨折が多発すると脊柱後弯をきたす。

 

姿勢異常から椎体骨折の存在を疑う指標として

壁に踵をつけて背中を沿わせた時に後頭部がきちんと壁につくか否かが有用であること

また中腋窩線で肋骨下縁と骨盤骨上縁の間に

正常では手指4横指を挿入できるが、2横指以下では椎体骨折の存在が疑われると報告されている。

 

 

  G0000129_0012_0001.jpg

また喫煙・飲酒も骨密度を低下する リスクになるようです。

ちなみにカルシウム・サプリメントは骨密度に対して約2%骨密度を増加させる効果はあるが、椎体骨折については予防の効果がない。

 

カルシウム摂取量が少ない事は低骨量に危険因子になるが、骨折に与える影響は少ないと考えられる。

との報告もあるようです。

 

現在の利用者様にも実は椎骨骨折を起こしている方もいるかもしれません・・・

 

著者:Green AD/Colón-Emeric CS/Bastian L/et al.
出典:JAMA/292巻,23号,2890-900/発行年:2004

著者:村井 肇/(佐藤光三 編)
出典:骨粗鬆症のケア転倒予防からQOLまで:メディカ出版(大阪)/20-9/発行年:2002

 

投稿者( )| この記事のカテゴリ( リハビリ )| コメント( 0

2011.05.21

相手の気持ちを理解するということ

我がスマイルリハビリセンターのスタッフのうち現在3名が業務終了後、自らの研鑽の為に学校に通っています。そういう私も学生時代は昼働き、夜は学校という生活でした。今の彼らを見ていると自分の学生時代を思い出し懐かしくもなります。

ということで今回は私が学生時代、実習に行った時のことを書きたいと思います。


理学療法士になるには養成校に通い、必ず評価・総合といった実習(病院、施設)をクリアしなければなりません。そして最後に国家試験に合格して免許を取得できます。私が茨城の病院に実習に行った時の事です。私の実習が始まってまもなく、一人の患者さんを担当させて頂くことになりました。その患者さんは50代の男性の方で、仕事中に脳梗塞で倒れ、救急搬送されてきました。私が初めてお会いしたのは発症後3日経過してからでした。脳梗塞、脳出血の急性期は身体の状況が刻々と変化しやすいので、検査した結果が午前と午後で違うということを覚えています。当時学生の私ではそれを理解するのが難しく、混乱したりもしました。


患者さんの身体状況の変化を把握するのに苦慮していましたので身体評価を行う、治療方針を考えるのも非常に苦労したことを覚えています。そんな時に、いつものように評価を行おうとしたところ、患者さんから「君は、俺を治そうとしてくれているのか?」と言われました。「もちろんです」と答えましたが、その日の患者さんは涙ぐまれ、評価も拒否されました。その時の私はなぜそのようになったのかわからなかったのですが、指導して頂いた病院の先生から「君は患者さんを全く見ていない。患者さんは君の勉強の為にいるのではない。自分自身を治したいからいるんだ。自分のペースで評価や治療を行っているんじゃないか?もっと患者さんがどんな心境でいるのかよく考えなさい」と指摘を受けました。先生の言われる通り、人を思いやることができず自分本位で評価・治療を行った為に患者さんが涙ぐまれたり、拒否をされたのだと思います。


今思えば、当時の私には余裕が全くなく患者さんの気持ちを理解することができず、どこかで自分が受け持つ大勢の中のケースの一人という気持ちがあったように思えます。脳出血・脳梗塞を発症し片麻痺を呈した方は「ある日突然、身体の半身が動かなくなる」という状態になります。そのような状態になると、自らの状態を悲観し自暴自棄になる方もいます。私達はその方の気持ちを組み、身体を治す、日常生活に復帰する方向に導かなくてはなりません。評価の時のことを考えると、私達が行う評価・治療の前に患者さんの気持ちを理解することが大事だったと思います。


今、スマイルに来て頂いているに対しても同じです。利用者さんは我々の臨床の勉強の為に来ているのではなく適切なサービス(身体を治す、ADLを向上させる)を受ける為に来ています。利用者さんが何を望んでいるかを考えることが必要です。


身体が痛ければ、なぜ痛いのか利用者さんの言葉に耳を傾け評価・治療を行っていく。利用者さんの訴えに対し、私達が最大限の努力をして対応していくことが大事です。他にも挨拶、室内の清掃・整理整頓といったことを行い、利用者さんに気持ち良く利用して頂く事が大事だと思います。

 

投稿者( )| この記事のカテゴリ( リハビリ )| コメント( 0

2011.02.26

感情の抑制がきかない?

普段臨床で業務を行っていますと、認知症でもないのに物事をすぐに忘れてしまったり、抑制がきかずにすぐに怒り出したりという方がいます。そのような方は高次脳機能障害を呈している場合があります。私自身、高次脳機能障害が捉えづらいものであり、今回いくつか調べたものについて記載したいと思います。

高次脳機能障害とは病気や怪我などで脳に損傷を受け、言語・思考・記憶・行為・学習・注意に障害が起こってしまった状態をいいます。

その中で脱抑制(感情の抑制がきかない状態)という症状があるのですが、一般社会でもイライラして感情を上手くコントロールできないという方がいるかと思います。

イライラしたり、興奮したりしている状況で、それを無理に鎮めようとすることはその人自身にとっても、周囲の人にとっても結果として多大な負担感を生じます。抑制力を高めるには「できないこと」を叱るのではなく「できること」を褒めて伸ばすというポジティブな行動支援が推奨されます。病識がない人に「あなたは病気だ」「障害だ」と言い受容させようとする手法は逆に人間関係を悪化させることに繋がる可能性があります。

また、そのような人がイライラしたり、怒ったりする場合、多くの場合何らかのきっかけや誘因があることが多いです。そのような問題行動を増強する負の部分を分析し誘因そのものを減らし、問題行動を抑制するといった行動変容法も有効です。

 

下に対応法の実際のパターンを上げます

     何事も行動する前に1秒置くクセをつける

     イライラしたらその場から立ち去る

     言い争ったりトラブルになったりしたら深追いせずに後で話し合う

     イライラしてることに周囲が気づく

     その人のことを感情的に批判したり否定したりしない

     その人が1度怒ったことはなるべくしない

 

これらの対応が全てではないと思います。精神的なものにアプローチしますので何が正解かは難しいと思います。ですが「その人を理解する」という想いをもって行動すればよい関係が築けるのではないかと感じています。

投稿者( )| この記事のカテゴリ( リハビリ )| コメント( 0

2010.10.15

世界初!ES細胞の臨床試験

CNN 10.12

米バイオベンチャー企業のジェロンは、ヒト胚性幹(ES)細胞を患者に注入する初の臨床試験を開始したことを明らかにした。
ジェロンのトーマス・オカーマ最高経営責任者(CEO)によると、ヒトES細胞の臨床試験は世界初となる。

 

他誌も含め一斉に報道されました。

8日にアメリカのリハビリ病院で実際にヒトへES細胞を注入したようです。

アメリカではES細胞は倫理的な問題から助成金の差し止め訴訟があったりしていたようでが、臨床試験の承認はしっかりおりたようです。

 

そもそもES細胞とは、俗にいう「万能細胞」で、どんな組織の細胞にもなれる、いわばポーカーでいうジョーカーのような細胞のようです。

このES細胞は、受精卵が細胞を増やしていく途中で切り出し、これを欠損した部分に注入すると、対象の部分を補間・再生してくれるのではないか、という大きな期待を背負った夢の細胞です。

 

しかし、この受精卵というところが問題で、どこからが生命やヒトとなるか、という倫理的な問題を抱えているようです。なので、アメリカでは宗教色が強い背景もあり、国があまり推すこともできないようです。(今回の試験の承認自体はされています。)

 

これと似たものに、日本(京大、山中教授が有名)でも積極的に研究されているiPS細胞というものがあります。これは、自分の組織からつくられるので、倫理的な問題はパスできそうですが、細胞が癌化してしまうというようなことがあるようです。

 

さて、こんな夢のような細胞。大成功して組織がすっかり元通りになる!なんてことがあったら素晴らしいことだと私は思います。

 

リハビリしなくても、よくなれるなんてこともあるかもしれません。これ自体はいいことで、むしろ喜ばしいことだと思います。

 

しかし、たとえ組織が完全に元に戻ってもやっぱりリハビリは必要になると思います。

むしろ、今まで以上にリハビリに求められる知識や水準は高くなってくるはずです。

 

すがた・かたちは全く同じでも"経験"がなければ、どう動いていいかもわからず、たとえば神経などでは、うまく機能しないかもしれません。

 

これはヒトがモノと異なる決定的な違いで、生命として生きているかぎり、機械のように部品を交換して元通りというわけにはいきません。

なので、あたらしくなった組織でも、再度(Re)経験を重ねて適合していかなければなりません。

 

将来、必要性や効果を考えられたリハビリというのは依然として不可欠になっていくはずです。

 

 

それにしてもこのES細胞、いよいよヒトでの臨床試験導入ということで期待です。

 

 

投稿者( )| この記事のカテゴリ( リハビリ , 研究項目 )| コメント( 0

2010.09.18

疲労とは・・・?

疲労とは...

 

 運動をした後、疲れることがありますね。

この原因の1つに乳酸がたまってしまうことが考えられています。

激しい運動を行うとき、人間は運動のエネルギーとして糖質を使います。糖質を分解することによってエネルギーが産生されます。

このエネルギーが産生される際に乳酸も生まれます。

乳酸が血液内に蓄積されると血液が酸性に傾いてしまい、

筋の働きを阻害してしまいます。

その結果、疲労を感じるようになります。

 

 では、運動後にどうすれば血液内に乳酸を抑え、

疲労を少なくできるのでしょう。

その対処法の1つとして、運動後に軽い運動を継続するようにします。

これをクールダウンといいます。

運動直後に休んでしまうと血液量が少なくなっている状態で乳酸が多量に発生するため疲労感が残ります。

しかし、クールダウンを行うと血液の流れを促進し、

乳酸を全身の筋へ運びやすくするといった効果があります。

そのため、血液内に乳酸がたまらずに、疲労を感じにくくなります。

 

 運動後は疲れて軽い運動でもきついという方もいらっしゃると

思います。ここで覚えておいていただきたいのがクールダウンは

必ずしも継続した運動が必要というわけではないということです。

軽い運動を休み休み行っても継続した軽い運動を行っても

効果は同じ程度だといわれています。

そのため、ウォーキングとストレッチを交互に行っていても

十分に効果があります。

自分に合ったクールダウンを行っていただくことが大切になります!

 

 

志水2820.jpg

志水_2819.jpg

 

 

 

 

 

 

投稿者( )| この記事のカテゴリ( リハビリ )| コメント( 0

123

カテゴリ

投稿者

アーカイブ

最近の記事

Photo:スマイルリハビリセンター/スマイルコンディショニングオフィス外観

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL.048-712-0515

スマイルリハビリセンター
スマイルコンディショニングオフィス

〒336-0918
埼玉県さいたま市緑区松木3-16-11

  • スタッフからのメッセージ
  • スタッフの研究日誌BLOG 研究&研修報告
  • リハビリテーションクリエーターズ株式会社

ページの先頭へ


Copyright(c)Rehabilitation Creators Co.,Ltd. All right reserved

ホームページ制作