スマイルリハビリセンター/スマイルコンディショニングオフィス
  • ごあいさつ
  • 施設について
  • ご利用案内
  • スタッフ紹介
  • 採用情報
  • 研究日誌BLOG

研究日誌BLOG

2015.01.31

クロッカスとチューリップの花言葉

皆さん、こんにちは!

まだまだ寒い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか?

 

皆さんは、今までビオラやシクラメンなど色々な花をスマイルの玄関入口に植えていた事はご存知だったでしょうか?

水をあげすぎてしまい、花を枯れさせてしまった事もありました。最初の頃は、花を育てる事は難しいと思っていましたが最近は花を育てる事に楽しさを感じております。

さて、今回はクロッカスとチューリップの球根を植えてみました。

去年の12月に球根を植えたので春にはきっと綺麗なクロッカスとチューリップの花が咲くと思います!

今ではクロッカスが芽を出し始め、チューリップも少しずつ芽を出してきました。

花が咲くのが待ち遠しいですね。

では、今回も花言葉についてお話ししたいと思います。

まずは【チューリップ】です。

皆さんはチューリップと聞いて何色を思い浮かべますか?

代表的な色は皆さんも知っている赤ですよね。

 

【赤いチューリップ】

・愛の告白

【白いチューリップ】

・失われた愛(失恋)・新しい恋

【ピンクのチューリップ】

・愛の芽生え、誠実な愛

【黄色のチューリップ】

・望みのない恋、実らぬ恋、正直

【紫のチューリップ】

・不滅の愛、永遠の愛

【オレンジのチューリップ】

・照れ屋

【緑のチューリップ】

・美しい瞳

【斑入りのチューリップ】

・疑惑の愛

 

チューリップはトルコを原産地とするユリ科の植物で、オランダが有名な生産地です。日本には江戸後期に伝わり、「ぼたんゆり」と呼ばれていた時期もありました。名前の由来はトルコ語の「tulipan(ターバン)」。

チューリップは恋愛にまつわる伝説が多い花で、「男性からの積極的な求愛に困惑した美しい女性が、女神に頼んで花にしてもらったのがチューリップ」とか「恋人の死を知って身を投げた男性の真っ赤な血だまりからチューリップが咲いた」とか、情熱的でありながらどこか悲しい物語に登場します。

私は緑のチューリップを見た事がないので、いつか見てみたいですね。

 

さて、次は【クロッカス】です。

【紫のクロッカス】

・愛の後悔

【黄色のクロッカス】

・私を信じて

クロッカスは、ギリシア語の「krokos(糸)」が語源となり、長く糸状に伸びるめしべをもつことに由来します。春に咲く花は青春の意味を含むとされるケースが区「青春の喜び」の花言葉もクロッカスがヨーロッパにおいて古くから春の訪れを告げる花とされてきた事に由来します。

 

皆さん、チューリップとクロッカスの花が咲く日を楽しみに待っていて下さいね。

そして少しずつ成長している姿もスマイルへお越しの際は是非ご覧になってみて下さい。

投稿者( )| この記事のカテゴリ( )| コメント( 0

コメントする

コメントは承認が必要となります。
承認されるまでコメントは表示されません。しばらくお待ちください。

お名前

メールアドレス(表示されません)

URL

 この情報を登録しますか?

コメント

カテゴリ

投稿者

アーカイブ

最近の記事

Photo:スマイルリハビリセンター/スマイルコンディショニングオフィス外観

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL.048-712-0515

スマイルリハビリセンター
スマイルコンディショニングオフィス

〒336-0918
埼玉県さいたま市緑区松木3-16-11

  • スタッフからのメッセージ
  • スタッフの研究日誌BLOG 研究&研修報告
  • リハビリテーションクリエーターズ株式会社

ページの先頭へ


Copyright(c)Rehabilitation Creators Co.,Ltd. All right reserved

ホームページ制作